中国株情報局では、カテキン的中国株、ハイハイQさんの中国株情報、中国株のチャート、東洋証券の中国株株価、中国株ブログ、中国株四季報、中国株配当情報、中国株IPO情報、中国株取扱証券会社の情報などなど、様々なところから情報を収集し、中国株のオススメ銘柄や中国株の銘柄分析など、できるだけ役に立つ情報を発信しています。みなさまの応援よろしくお願いします。

中国株の可能性を信じた理由(現地での経験から)その1

中国株の可能性を信じた理由(現地での経験から)その1




さて、ここはどこでしょう?答えは記事の最後で。


みなさんは中国に対してどのようなイメージを持っていますか?

共産主義の自由のない国、自転車の大群が走っている怪しい国など、あまりよいイメージは持っていないのではないでしょうか?

実は私も仕事で中国へ行くまでは中国に対してよいイメージはありませんでした。

しかし、中国に1年半いると本当の中国というものが見えてくるものです。

中国は確かに政治的には共産主義国家ですが、1978年の改革開放以来、経済的には完全に資本主義になっています(自由に商売ができます)。

自転車の大群は北京では今でも見かけますが、上海や広州などの他の都市ではまったく見かけません。


私は中国の東西南北いろんなところへ行きましたが、中国のどこへ行っても急速に都市化が進んでいます。

都市化が進んでいるということは、そこにインフラ整備を始めとした様々な経済活動や消費活動があるということです。

中国の人口は13億人(実際には戸籍のない人口がさらに数億人いると言われていますが)、日本の10倍です。

単純に考えると日本の10倍の消費・経済活動が行われるということです。

しかし、実際は衣食住が満たされていて、余裕のあるお金での消費が期待できる人口は都市部の3億人程度です。

それでも日本の2倍以上、しかも残りの10億人も徐々に豊かになっていくことが予想できるのです。

単純に数が多いだけでもそれは大きな魅力となるのです。



写真の答え:
中国河南省鄭州です。
いきなりマニアックなところでスイマセンm(_ _)m
昔は結構イナカだったんですが、今じゃビルがニョキニョキと。
少林寺のイメージ崩れますよ。


中国株情報局では、カテキン的中国株、ハイハイQさんの中国株情報、中国株のチャート、東洋証券の中国株株価、中国株ブログ、中国株四季報、中国株配当情報、中国株IPO情報、中国株取扱証券会社の情報などなど、様々なところから情報を収集し、中国株のオススメ銘柄や中国株の銘柄分析など、できるだけ役にたつ情報を発信しています。みなさまの応援よろしくお願いします。

中国株銘柄選びなら→中国株ブログランキング

投資 - livedoor Blog 共通テーマ

chugokukabu888 at 19:16│clip!中国株の魅力 
中国株情報局のメニュー
中国株情報局について
目的&自己紹介
中国株を始めた理由
免責事項&著作権

中国株の基礎知識
中国株の基礎知識

中国株の魅力
中国株の魅力
中国株のメリット

中国株の始め方
中国株の始め方

中国株取扱証券会社比較
中国株取扱証券会社比較

中国株の心得
理由付けと目標(大事!)
リスク
投資資金
投資期間
分散投資
売買のタイミング

中国株の情報源
無料情報
有料情報
オススメ書籍

中国株の銘柄選び
H株銘柄
ハンセン銘柄
├レッドチップ銘柄
├GEM銘柄
├上海B株銘柄
└深センB株銘柄

中国株への投資状況
├取引経過&所感
持ち株損益&配当

中国株の用語集&格言
用語集
格言
QRコード
QRコード